ブログ

仕事の進め方

今回は私の仕事の進め方についてです。

私がデザイン、カメラ系、ウェブサイトの制作等を仕事にするようになったのは転職して、地元に帰ってきてからです。

小学生からコンピューターは好きだったのですが、ウェブサイトを制作できるくらいでした。

転職してからAdobe製品の使い方を一生懸命勉強しました。

仕事の進め方が変わった転機

ある程度のスキルが備わった頃に、友人が起業して色々とお手伝いをしました。

彼は職人なので、コンピューター系のことは苦手。

自分がイメージする完成像がしっかりとありました。

私は彼の完成像に限りなく近くなるように努力しました。

この努力が私を成長させてくれましたね(笑)

Adobe製品の使い方を更に知ることもできました。

自分なりの提案と自己分析

友人の事業が少し軌道に乗ると、自分の完成像に色々と突っ込む時間がなくなってしまったようです。

ここで、友人が好きそうな系、王道系、自分の一押し系、自分があまり好きではない系の4パターンを提案するようにしていました。

やっぱり、自分の一押し系が採用されないと悔しかったですね。

それでも、選ばれるパターンが色々あって良い経験になりました。

徐々に自分の一押し系が採用されるようになり、最終的にはすべて任せてもらえるようになりました。

私は性格的にせっかちなので、仕事をたくさん抱えたくありません。

ですので、頼まれたことはすぐに行い、自分の時間を確保しようとします。

結局いつかはやるんですからね。

このせっかちな性格のおかげで、どこに頼もうかと悩んでいた依頼主さんから仕事をもらえたこともあります。

時間的に余裕があると、切羽詰まることもないので楽です。

仕事をして嬉しい瞬間

これはどの仕事も似ていると思うのですが、完成したものを納品して喜んでもらえた時ではないでしょうか。

私はこの喜んでもらう瞬間に一番やりがいを感じます。

喜んでもらえると苦労も吹っ飛びますし、次の仕事のモチベーションにも繋がります。

Win Winの関係は非常に大切です。

また自分が何か依頼した場合(お客さんになる)も、感謝の気持ちを必ず伝えるようにしています。

仕事を受けるときに気を付けていること

自分ができる範囲であれば、なるべく断らないようにしております。

できない場合はできないとハッキリ伝えます。

また様々な出会いを大切にしていきたいと心がけています。

今は対面でも、ネットでも出会いは多いかなと思います。

ABOUT ME
naoyuki1213
Photoshopを覚えてから、カメラに興味を持ち独学で勉強。そこからパソコンを駆使し、自分で作る楽しさに目覚めました。今ではデザイン•写真•映像•ウェブサイト•プログラミングまで出来るようになりました。